お腹やせダイエット中にお酒が飲みたい!おすすめのおつまみとは!

お腹痩せの基礎知識
スポンサーリンク
グラマラスパッツ

お腹やせやダイエットをしている最中でもお酒はだけはどうしてもやめれない!という方は多いと思います。

仕事の付き合いなので、お酒の席を断れない人もいるかもしれません。

飲み過ぎはもちろんNGですが、適度なお酒を楽しむことはお腹やせダイエット中でも必要です。

おすすめのお腹やせ中のお酒のおつまみは発酵食品

発酵とは、ある物質が微生物(菌や酵母)によって、よりよい方向に変化した状態のこと。

味や香りにちょっとクセが生まれますが、腐っているわけではないので安心して食べることができます。食べ物が発酵すると、微生物の働きによって栄養素も変化します。

よく知られている例は、牛乳を乳酸菌で発酵させてつくられるヨーグルトです。ビフィズス菌や植物性乳酸菌など、善玉菌と呼ばれている微生物が腸内環境を整えてくれます。

納豆なら、納豆菌の働きで血液をさらさらにする「ナットウキナーゼ」という物質が作られたり、ねばねば成分の「ポリグルタミン酸」には美肌効果もあります。

お勧めの発酵食品のおつまみ

  • 納豆
  • キムチ
  • ぬか漬け
  • もろきゅう
  • ピクルス
  • チーズ
  • ヨーグルト料理

お腹やせに発酵食品をおすすめする理由

発酵食品には酵素がたくさん含まれていますが、もともと私達の体にも酵素は存在します。

食べ物の消化吸収を補う「消化酵素」と、筋肉を動かしたり、新陳代謝や血液循環を活発化にする「代謝酵素」です。

お酒を飲むと、体内に取り込まれたアルコールを分解するために、大量の消化酵素が消費されます。

消化酵素が使われると、全体の酵素も減ってしまうので、お酒を飲んだ後の体は、脂肪燃焼しにくく、太りやすい状態です。

そんなときにお酒のおつまみとして発酵食品を食べたり、「補酵素」と呼ばれる生野菜を食べることは、消化酵素の働きを助けてくれます。

ワインとチーズのようなアルコールと発酵食品の組み合わせは、おいしいだけではなくて健康・美容面でも理にかなっています。

ただし、漬け物や味噌などは塩分が多く、チーズには脂肪も含まれるので食べ過ぎにはくれぐれも注意です。

お酒と同じでほどほどに楽しみましょう。

理由① 体内酵素を補って太りにくい体にする

消化を助け、代謝を促す体内酵素は年齢とともに減少します。

また、お酒を飲むと消化酵素がアルコール分解に使われてしまい、脂肪燃焼や分解にまで手がまわらなくなって太りやすくなるので、発酵食品で酵素を補う事が重要になります。

理由② 腸内環境を改善することができる

八国食品は腸内環境を整えて、消化から排泄の流れをスムーズにします。ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌を筆頭に、発酵食品には私たちのカラダを改善する善玉菌が多く含まれているので、便秘などに悩む人にもおすすめです。

理由③ 生野菜をプラスすることで酵素パワーアップ

新鮮な生野菜に含まれる酵素には、体内酵素の働きを活発にする「補酵素」と呼ばれるビタミンやミネラルが豊富。
お酒の席で、発酵食品に生野菜のサラダやスティックをプラスすることによって、体内酵素の働きがさらにパワーアップします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました