お腹のたるみの原因は猫背にあり!

お腹痩せの基礎知識

「猫背」「腕組」は腹筋の弱さが証明された状態

人によく「猫背だね」と指摘される方や、腕を体の前で組む習慣のある人は、お腹痩せに危険信号です!

ぽっちゃりしている人はもちろん、体重が標準か標準以下だったとしても、下腹だけポヨンとたるんでいませんか?

実は、猫背や腕組は単なるクセではりません。筋力、とくに腹筋が弱いせいで上半身を支えられず、前かがみの姿勢になってしまったり、腕を組むことでかろうじてバランスをとっている状態なのです。

正しい姿勢は筋トレと同じ効果が!

お腹痩せの第一歩はエクササイズでも食事制限でもなく、「正しい姿勢」です。

正しい姿勢とは

  • 背筋をピンと伸ばす
  • 壁を背に立った時、後頭部、肩甲骨、ヒップ、ふくらはぎ、かかとの5か所が壁に付くようなイメージ
  • 下腹をぐっと引き上げる
  • ヒップを引き締める
  • 左右の太もも、ひざ、ふくらはぎ、くるぶしをつけるようなイメージで、脚の内側全体

を意識して立ってみてください。背筋がピンと伸びて美しくみえます。

胸を開くストレッチで猫背を治す

猫背でいると、下腹が出てくるだけでなく、両肩が内側に入っているせいで肩こりや腰痛になりやすい、肺が圧迫されて呼吸が浅くなって疲れやすいなど、いいことはひとつもありません。

意識して治すように心がけてくださいね。

猫背を治す簡単なストレッチをご紹介

  • 背筋を伸ばして胸を大きく開き、両手を背中にまわり、肩甲骨くらいの高さで両手を合わせる。出来ない人は、肩甲骨の下で合わせてもOK
  • 背中で両手を組んでみてもOK

簡単にできるので是非やってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました