マッサージと脂肪の関係

お腹痩せの基礎知識

皮下脂肪がたまった状態が長く続くとセルライトなどの脂肪の塊ができてしまうことがあります。マッサージを行うだけでは脂肪の燃焼効果はありませんが、皮下脂肪として凝り固まった脂肪をほぐし、リンパや血液をよくすることはプラスです。

また、運動を続けているとコリなどから筋肉太りのような状態をかんじることもあるかもしれません。

そんな時、マッサージでコリをほぐして老廃物の排出の補助をすることが大切です。
皮下脂肪を落とすためには摂取カロリーを減らすことも大切

カロリーの過剰摂取は当然ですが、脂肪を増やしてしまう原因です。
ダイエット中に運動を頑張っているからといって甘いものやドカ食いをしてしまってはせっかく運動しても意味がありません。

摂取カロリーを効率的に抑えるには!

  1. 間食の見直し(主に糖分・糖質の多いもの)
  2. 炭水化物(お米・パン、麺類)を2-3割減らす

間食の見直しは、甘いお菓子やスナック菓子・洋菓子は基本的に糖質と脂質が多いです。
糖質と脂質が多ければカロリーが高い食品です。

炭水化物は比較的食事の中でも減らしやすいと思います。
例えば、夜ご飯のお米を半分にして、野菜を多めに食べるとか)

食欲をコントロールしつつ、好きなものをある程度食べることもダイエットのストレスを減らす事につながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました